クリスチャンビジネス

わたしたち地生開発は、クリスチャンが経営者です。
聖書の言葉を土台として、日々の営業活動を行っております。
激しく変化する世界の情勢の中で、イエス・キリストの方向性をもとにビジネスを追求し、人間としての交流を広げて互いに理解を深めていきたいと思っています。 クリスチャンの方もクリスチャンでない方も、お気軽にご連絡ください。 地生開発では、不動産物件の売買手数料などに、「クリスチャン割引」を設定させていただいております。  

“クリスチャンビジネス” への3件の返信

  1.  
     人はヒトを救うことも、ひとを変えることもできません。人間社会の悲劇は、相手を変える、相手を従わせることが できる、との錯覚・独断がその「元凶」です。
       ——————————————-
      そうです。その元凶を打ち砕き取り去ってくれるのが
        この「こころを強くするメッセージ」です。

     
    幸せとは悔いをのこさないことです。数多
        くの不満はイマを満足に為さないからです。
      「持つこと」「持たないこと」に思い煩わな
        いことです。今日一日の苦労は今日一日で良
        シ、とすべきです。 「幸せ研究所」

    『 悩みを食い殺す!』       

      悩みの対処のまず手っとり早い方法は、何か建設的で前向きのコトに没頭することです。
      そして「すべての事について感謝する」この二つの作戦が悩みに打ち克つ戦略です。

      人の世ですからさまざまな問題・困難・苦難が山積しています。この時です、このときこそあなたはこの作戦をもって悩みに取り組むことです。

      艱難は忍耐をうみます。忍耐は練達となり練達は希望をもたらします。そして希望は勝利の力となります。

      そのためにはいつも喜び信じることです。そして、全ての事について感謝すること。喜こびは気力をますことであり、信じることは専心することです。感謝は気力・専心を数十倍に高める接着剤です。

      両足で歩けることは何と感謝なことでしょう。そのように、あなたが生活する全てのものをほめたたえることです。

     なぜなら感謝は全ての悩みを食い殺してくれるからです。

     「ストレスに負けない」

      あなただけではなく、人は全て「変身願望」をもっています。「もし生まれ変われるものなら」二度と再びこんなからだになりたくない――
      これを聖書では「古い人・新しい人」「内なる人・外なる人」「死んだ人・生きている人」と言っています。

      「ガン細胞」にとらえられた「あなた」、「新しい人・内なる人・生きている人」になりましょう。「からだの免疫」をくぐり抜けた「ガン細胞」を「こころの免疫」によって打ち砕きましょう。

      私たちの身体は、常に様々な病原体と戦っています。その免疫システムはとても精密で合理的です。病原体と戦う免疫力、 免疫細胞の主体は白血球で、マクロファージ、リンパ球、顆粒球から構成されています。
      その中でリンパ球細胞は、免疫機能の中心的役割を果たしています。

      しかしからだは肉のシステムです。「有限」です。限界があります。10の力を100にすることはできません。こころは「無限」です。無窮の「ちから」を内蔵しています。 あなたがそれに気づかないだけです。
      
      心とは、「うまく生きる」「より良く生きる」ための指令を出すところ。これに対し魂は、ただ生きるための「本能・情動」を司どっているところです。

      ストレスはその魂が「病気」になることです。つまり、心のない人が陥る病です。なぜなら、魂には制御機能がないからです。ヒトのからだは「病」に犯されやすい「物体」です。それと同時に回復のシステムも兼そなえた「身体」なのです。
        
     したがって、その復力システムを元気にすることです。

      「あなたが真実をもって、私を苦しめられたことを知っています。苦しみにあったことは私に良いことです。これによって、私はあなたの回復システムを学ぶことができました」

      艱難・困難・苦難をどう学び・理解し・悟るかです。苦しみを悲しみとしないこと、苦しみは、忍耐とそれに打ち克つ「力」とを与えてくれるものです。

      魂は苦しみにあうと、すぐに悲鳴をあげます。心はそれに立ち向かいます。苦しみを悲しみとしないことです。

    —————————————————-

       安 達 三 郎 (経営コンサルタント)       

    心を強くする「メッセージ」
    http://wp.kokorosong.com/

  2.  人はヒトを救うことも、ひとを変えることもできません。人間社会の悲劇は、相手を変える、相手を従わせることが できる、との錯覚・独断がその「元凶」です。
       ——————————————-
      そうです。その元凶を打ち砕き取り去ってくれるのが
        この「こころを強くするメッセージ」です。

     
        不安・心配・恐れが悩み・苦しみ・悲しみ
       痛みとなり「全身細胞」を蝕んでいきます。
        つまり「思い煩い」です。命取りになるこ
       の「病魔」を一刻も早く処理することです。

          「思い煩いがガンになる」
      
      私たちの全身細胞は毎日3000億個以上の細胞が死に、同じ 数だけ新しい細胞が生まれ、免疫細胞も1日に100億個が入れ替わります。

      このような膨大な数の細胞が、一生懸命働らいてくれることで私たちの身体は守られています。
      いったい免疫機能を司る免疫細胞とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

      たとえば私たちのからだには、外敵を見極める「神経系」、異物の侵入と戦う「免疫系」、細胞同志の活性化を図る「ホルモン系」――と、それぞれが役割分担で「恒常性」を保っています。

      しかしこれは「からだの免疫」であり、「こころの免疫」ではありません。「からだの免疫」は「外敵・外悪」に対して効果のある戦いは為しますが、内部に潜みこむ「内敵・内悪」には効果ある戦いをなすことができません。

      ストレスと呼ばれる「思い煩い」がいい例です。仕事・生活・人生において「不安・心配・怖れ」に打ちひしがれ、失望・絶望・無望の奈落におちゆきます。

      「こころの免疫」はその「内敵・内悪」を完膚なきまでに叩き潰します。その武器は 「信仰・希望・愛」 「愛と喜びと平安」のコトバがこころに内蔵されているからです。

      そうです神の「言」です。「互いに愛し合うことの外は、何人にも借りがあってはならない。人を愛する者はおきてを全うするのである。 姦淫するな・殺すな・盗むな・むさぼるな、などそのほかにどんな戒めがあっても、結局「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ」というこの言葉に帰する。愛は隣り人に害を加えることはない。だから愛はおきてを完成するものである。」

      傷つけられても壊れない、壊されても元通りに回復する、このメカニズムが人のからだには与えられています。
    それを「こころの免疫」といいます。
     
     この回復システムが崩れ去るのは、上の三系の調和がなされていないこと、「心・魂・からだ」がアンバランスだということです。

      からだの器官を動かすのは脳細胞、脳魂を動かすのは心細胞、つまり、からだ・魂・心の相互作用がないところには、癒しと回復のシステムが働らきません。

      からだを楽にしようと思うと、それが「怠」になり、魂を楽しませようとすると「悪習慣」に陥る、まさに、人は両刃の剣をかかえているようなものです。  

      「こころの免疫」は「新約聖書」の「メッセージ」のなかにあります。

    —————————————————-

       安 達 三 郎 (経営コンサルタント)       

    心を強くする「メッセージ」
    http://wp.kokorosong.com/

  3.    今週の「メッセージ」
      

     人はヒトを救うことも、ひとを変えることもできません。人間社会の悲劇は、相手を変える、相手を従わせることが できる、との錯覚・独断がその「元凶」です。
       ——————————————-
      そうです。その元凶を打ち砕き取り去ってくれるのが
        この「こころを強くするメッセージ」です。

     
        不安・心配・恐れが悩み・苦しみ・悲しみ
       痛みとなり「全身細胞」を蝕んでいきます。
        つまり「思い煩い」です。命取りになるこ
       の「病魔」を一刻も早く処理することです。

          「思い煩いがガンになる」
      
      私たちの全身細胞は毎日3000億個以上の細胞が死に、同じ 数だけ新しい細胞が生まれ、免疫細胞も1日に100億個が入れ替わります。

      このような膨大な数の細胞が、一生懸命働らいてくれることで私たちの身体は守られています。
      いったい免疫機能を司る免疫細胞とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

      たとえば私たちのからだには、外敵を見極める「神経系」、異物の侵入と戦う「免疫系」、細胞同志の活性化を図る「ホルモン系」――と、それぞれが役割分担で「恒常性」を保っています。

      しかしこれは「からだの免疫」であり、「こころの免疫」ではありません。「からだの免疫」は「外敵・外悪」に対して効果のある戦いは為しますが、内部に潜みこむ「内敵・内悪」には効果ある戦いをなすことができません。

      ストレスと呼ばれる「思い煩い」がいい例です。仕事・生活・人生において「不安・心配・怖れ」に打ちひしがれ、失望・絶望・無望の奈落におちゆきます。

      「こころの免疫」はその「内敵・内悪」を完膚なきまでに叩き潰します。その武器は 「信仰・希望・愛」 「愛と喜びと平安」のコトバがこころに内蔵されているからです。

      そうです神の「言」です。「互いに愛し合うことの外は、何人にも借りがあってはならない。人を愛する者はおきてを全うするのである。 姦淫するな・殺すな・盗むな・むさぼるな、などそのほかにどんな戒めがあっても、結局「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ」というこの言葉に帰する。愛は隣り人に害を加えることはない。だから愛はおきてを完成するものである。」

      傷つけられても壊れない、壊されても元通りに回復する、このメカニズムが人のからだには与えられています。
    それを「こころの免疫」といいます。
     
     この回復システムが崩れ去るのは、上の三系の調和がなされていないこと、「心・魂・からだ」がアンバランスだということです。

      からだの器官を動かすのは脳細胞、脳魂を動かすのは心細胞、つまり、からだ・魂・心の相互作用がないところには、癒しと回復のシステムが働らきません。

      からだを楽にしようと思うと、それが「怠」になり、魂を楽しませようとすると「悪習慣」に陥る、まさに、人は両刃の剣をかかえているようなものです。  

      「こころの免疫」は「新約聖書」の「メッセージ」のなかにあります。

    —————————————————-

       安 達 三 郎 (経営コンサルタント)       

    心を強くする「メッセージ」
    http://wp.kokorosong.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください